消費者金融を使う前におさえておくべき内容満載!

返済方法の種類

消費者金融でお金を借りたら、当たり前ですが返済をしなければなりません。
ではその返済方法には、どのような種類があるのでしょうか。

もっとも一般的なものは、その会社で返済をするというものです。
例えば、会社の店頭窓口で返済をしたり、その会社のATMで返済をするというものです。
ここで返済をすれば、利用手数料も一切かかりません。

次に、提携のATMを利用するという手があります。 提携関係にあるのは、
その会社によっても異なりますが、銀行や郵便局、コンビニエンスストアのATMが多いですね。
これらのATMは、自社のATMよりも圧倒的に数が多いですし、
便利な場所に設置されています。
利用手数料によっては、消費者金融によって異なります。

面倒であれば、口座引き落としという方法もあります。
ただし、口座引き落としに関しては、実施していない会社もありますので、
そのあたりは確認が必要です。 銀行系でしたらほぼ確実に行っています。

元利均等返済方式とは

消費者金融に限らず、融資を受けた場合の返済方法は二通りあります。
そのうちの一つが、元利均等返済方式です。
これは、元金と利息を分けずに一つのものと考え、毎月一定額を返済していく方式です。
ですので、返済当初の返済金は、元金が多く残っているので利息の返済にあたる
部分が大きくなります。 そのまま返済し続けていくと、元金がだんだん減ってきますので、
その分かかる利息も減り、一定額を返していますが結果的に元金部分を多く返済している
ことになります。

元金均等返済方式とは

元金均等返済とは、
借りたお金の元金部分を毎月一定額返済し続けていく方法です。
そして、それとは別に利息部分も返済するため、
返し始めの返済額が大きく、最後は小さくなります

リボルビング返済方式とは

リボルビング返済方式とは、利用金額に係わらず、毎月一定の金額を支払う方法になります。
ここでいう利用金額とは、消費者の年齢や年収を勘案した与信情報にもとづいて決められ、
借入れ金額の上限とも言えます。
この返済方式は、多くの消費者金融でも採用されており、
利用金額の範囲内で何回でも借りることができます。
このことから、毎月に定額の返済金をあてても完済が遠のいてしまうため、
しっかりとした返済計画を立てることが望まれています。