消費者金融を使う前におさえておくべき内容満載!

消費者金融で申し込み可能な人の条件

消費者金融に申し込み可能な条件は、それぞれの会社によって異なっていますが、
だいたい同じような条件だと言えるでしょう。
まず、年齢制限についてですが、20歳から70歳くらいまでと言うのが一般的です。
上限はいろいろな違いがあって、60歳までの場合もありますし65歳までの場合もあります。
もうひとつは安定した収入があるということです。収入がなければ返済できないわけですから、
借りることができないというのは当然の事でしょう。
これは消費者金融が独自に定めているという理由もあるわけですが、
貸金業法の規制も影響しています。
貸金業法では、年収の3分の1までしか借りることができないというように定められていますから、
年収がゼロなら、自動的に借りることができないことになるのです。
収入のない人は借りることができないと考えておくべきでしょう。
収入があれば良いわけですから、正社員である必要はありません。
フリーターや派遣社員でも利用することはできるのです。

満20歳以上の男女

急にお金が必要となった時に便利なのが、消費者金融のキャッシングです。
多くの消費者金融では、貸付条件として、満20歳以上で69歳以下の安定した収入がある男女
としてある所が殆どです。
毎月安定した収入があれば、アルバイトの人でも借り入れが申し込み可能
となっているところもあります。
申し込みの際には、身分や収入を証明する書類の提出が必要となっています。
本契約を結ぶ時には、無理なく返済できる様な計画を立てる事が大切です。

安定した収入、または仕事をされている方

消費者金融のキャッシングは、安定した収入、または仕事をされている方なら
誰もが申し込み可能です。
審査の厳しい金融機関では、専業主婦やアルバイト、パートといった職業にあると、
融資を受けることができません。
しかし、消費者金融ならば、返済能力があると認められれば融資を受けることができるため、
幅広い人が利用しています。審査がスピーディなことも魅力です。
非正規雇用者が増える中で、なくてはならない存在といえるでしょう。

身障者でも借り入れは可能?

多重債務や自己破産などの状態でなければ、身体障害者の方でも消費者金融へは
申し込み可能です。
ただし、実際に借り入れを行うことができるかどうかは、障害の程度によります。
例えば、車椅子には乗っているが、健常者と共に企業に勤めて仕事をしているような方は
特に問題ありません。
しかしながら、寝たきりの状態であるとか、目が見えないため契約書を自分自身で読むことが
出来ないなどという場合は、残念ながら契約に至るケースはほぼありません。
誰かの助けを得ることなく自力で申し込むことが出来るかどうかが融資可否のポイントになっています。